ミュッケでは何種類かご紹介しているペーパーナプキン。
ヨーロッパには可愛い柄が沢山あるので、ついつい旅先で買ってしまいます。

ラッピングはもちろん、色々な使い道があるところも魅力ですね。


先日誕生日ケーキを作ったときにも大活躍しました。

クリームとイチゴを挟んだところで
周りのデコレーション分の生クリームが足りなくなった為、
チョコを削って飾ることに(スポンジはココア)。
製菓用の大きなチョコも無かったので、ミルクチョコレートを刻みました。
出来上がってみると、見た目が土のような仕上がりで
ケーキの華やかさとは程遠くなってしまいました、、、。
チョコレートを溶かして上からかければ良かったと、後で気がつきましたが
それは数日後のこと。

なんとか修正しようとした結果がコレです。



土なら花でも飾ろうと
花のペーパーナプキンとつまようじで作った、なんちゃってオーナメント。
いくぶん華やかに見えて、とりあえず喜んでもらえました。
このデコレーションの難点は、後ろからみるとあんまり可愛くないことですが。

持ってて良かった、ペーパーナプキン。
1枚くらいなら失敗しても良いかな?という気持ちで使えるところも嬉しい。
チョキチョキ切って作っている時も、楽しかったです。

スウェーデン土産で買ったチョコレートとココア
オレーンスの花柄ペーパーナプキンを使用したので
「スウェーデンケーキ」と名付けました。



にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へにほんブログ村 雑貨ブログへ

スウェーデンの伝統工芸品として有名なダーラヘスト

10年以上前にデパート、オレーンス主催の「ダーラヘスト絵付けコンテスト」に
参加しました。

当時学校で漆塗り実習をしていた私は、
実習で使っていた漆風塗料カシューエナメルを使用して絵付けに挑戦。
覚えたばかりの螺鈿※1を入れてみたり、東急ハンズで買った金箔などのシールを貼ったり。
あれこれとやっているうちに、収拾がつかなくなってしまいました…。
なんでも付ければ良いってもんじゃないですね。

結果は、残念ながら地区予選止まり。
デパートに見に行った姉の話では、隣で見ていた方が褒めてくれたとか。
ちょっと悔やまれるけれど、良い思い出です。

またいつか挑戦したいです!
そして、もう少し素敵に仕上げたいです、、、。


※1螺鈿:貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。(wikipediaより引用)



1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM