一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ベルギーの王室御用達チョコレート店のなかで、
最も歴史のある「Mary Chocolatier(マリー・ショコラティエ)」。
同じ名称の人気店がありますが、こちらのMaryは日本にありません。


上品な外観のお店。
白い壁に金色のラインが効いています。


店内へ入ると、初老のスタイルの良い男性店員さんがお出迎え。
「メリーをご存知ですか?」という言葉から始まり
落ち着いた語り口でお店の歴史やこだわりについて、教えてくださいました。
1919年に創業され
チョコレートはすべて手作り、100%天然の素材を使用しているんだそう。

店内写真を忘れてしまいましたが、ドアからちょこっと見える様子はこちら。


パッケージがどれも素敵で、店の外観と同じく上品でシャレています。

好きなチョコを選び数種類をまとめて紙袋に入れてもらえるので、
いくつか購入して観光しながら食べました。
オレンジピールにチョコをかけたものなど、とっても美味しかったです。
もっと色々な種類を食べてみたかった、、、。


チョコレートはけっこう重量がある為、
手荷物検査後に免税店でいくつか買おうと思っていました。
しかしメリーは空港に無く、市内のお店で買い控えしたことを後悔しました。
いくらベルギーと言っても、あらゆる店があるわけじゃないんですよね。。。
下調べの重要さを思い知らされました。

唯一買ったのはこの小さなパッケージ。



中はカラフルな紙に包まれた板チョコが並んでいます。




現在日本に店舗はありませんが、オンラインショップで注文できます。
イベント等の出店もあるようなので、楽しみ待ちたいと思います。
(日本では「Madame Delluc(マダム・ドリュック)」という名称で販売。)

ホームページも素敵です。

http://www.mary.be/en/

にほんブログ村 旅行ブログへ

  • -
  • 15:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM