一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オンラインショップで、北欧のペーパーナプキンを更新しました。
4種類全てスーパーやデパート、ホームセンターのオリジナルブランド製品です。


中でもスウェーデン発のホームセンター「clas ohlson」の商品は、
少し小さめですが50枚入りとお買い得。

すました猫と美味しそうなお菓子やコーヒー、鉢植えの花が描かれています。
スウェーデンのお茶の時間として知られる言葉
「FIKA(フィーカ)」を連想させる楽しい柄です。
一番上のお皿に飾られているのは、おそらくHallongrottor(ハッロングロットル)。
Hallonは「ラズベリー」grottorは「洞窟」を意味し、
真ん中に穴をあけた生地にラズベリージャムを流し込んで焼いた
スウェーデンでポピュラーなクッキーです。

先日帰省中の姉に教えてもらいながら、甥っ子と一緒に作ってみました。
材料はこちら。
左から「バター、ベーキングパウダー、バニラシュガー、小麦粉、グラニュー糖」

上の画像にプラス片栗粉とラズベリージャムで作ることができます。
あまり馴染みが無いのは、バニラシュガーくらいでしょうか。
ラズベリージャムが手に入りにくい場合は、他のジャムで代用できます。

まずは室温に戻したバター、砂糖、粉類を混ぜます。
スウェーデンではグラムではなく
デシリットルの軽量カップで計ることが多いようなのですが、
これがけっこうアバウト。
全部がそうではないのでしょうけど、適当で良いんだそう。

全体に混ざってきたら、あっという間に生地の完成。


まとめた生地をいくつかにわけて、棒状にします。


それを一口大程度に切り分け丸めて、シートを敷いた天板に置きます。


丸めた生地を平らにし真ん中を指でへこませ、
ジャムをティースプーンひと匙程度流し込みます。



予め200度に温めておいたオーブンで10分。


串を刺して何もついてこなければ、できあがり☆



ホロホロっとした食感と甘酸っぱいジャムが、クセになる美味しさ。
コーヒーとの相性も抜群です。

スウェーデンではカップに入れたケーキのような形状も、多く見られます。
深めに穴をあければジャムを沢山入れられそうなので、
次はカップタイプを作ってみようと思います。



にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

  • -
  • 21:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM