一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

iittalaのガラス製品3種4点を更新しました。

iittalaと言えば有名な「i」マークのシール。
今回更新した商品は、それぞれシールの形が違います。
イッタラのシールは年代によって少しずつ変わっており、その種類は4つ。

現在使用されているシールはイッタラマークの下に黒で「iittala」の配置。
こちらは2001年からのものなのだそう。

ひとつ前はこれ

現在のものと同じく縦型ですが、マークの下の文字が白色。
「iittala FINLAND」と表記されています。
1991年〜2001年に使用されていました。
こちらは「バロシリーズ」のキャンドルホルダー

その前はこの横長タイプ。


マークの下は白で「MADE IN FILAND」。
こちらは、1974年〜1991年の間のもの。
ちなみにこの製品「iシリーズ アロマ」のデザイナー「ティモ・サルパネヴァ」は、イッタラマークをデザインした人でもあります。

同一マークの中で最も古いのは三角形のシール

マークの下は白で「MADE IN FINLAND」。
1958年〜1974年の間使用されました。
こちらは「ガイサ・シリーズ」のコーディアルグラス
デザインを手掛けたのは、タピオ・ウィルカラ。
カイ・フランク、ティモ・サルパネヴァと共に、フィンランドの3大デザイナーとして知られています。

シールを剥がすか剥がさないかは好みです。私もグラスやお皿は使用を考えて、とってしまいます。

あってもなくてもデザインが素晴らしいことは変わりませんが、
こうして何十年も前のシールが残っているのを見ると少し嬉しくなります。

  • -
  • 16:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM