一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




平成10年に誕生した地ビール。
ラガービールとは反対の、上面発酵ビール(エールビール)です。

発売当初は白地に赤い月のラベルでしたが、リニューアルされ現在の
鳩のマークになりました。
ラベルの作者は鎌倉・浄明寺在住の画家、吉野晃希男さん。
文字はすべて手書きなんだそうです。(鎌倉ビールHPより)

「日本でビールが誕生した1900年前後、古き良き時代の心を伝えたかった」という
作者の言葉どおり、昔の本の表紙を思わせる趣と愛嬌のあるデザインです。
http://www.kamakura-beer.co.jp/

10年以上前に作った王冠HPの「今月の王冠」というコーナーで
王冠イラストと共に毎月ひとつずつ取り上げていました。
1年足らずで終わってしまったのですが、
せっかくなので、こちらにお引っ越しさせようと思います。

一つ目は「カールスベア」



デンマークで最も有名なビール。
「カールスベア」の名前は、創始者の息子「カール(Carl)」と
工場を置いた場所(丘=デンマーク語で「berg」)を組み合わせてつけられました。
(カールスベアHPより)
マットな深緑の地色と周りの金色に、ロゴと王冠が配置されていて落着いた印象です。
さし色の赤が効果的。

デンマークのコペンハーゲンには、創始者のコレクションが展示されている「美術館」があり
古代文明の遺跡や 著名作家の作品が多数見られます。 
ゴーギャンのコレクションでは世界的に有名です。
これらはすべて市に寄贈されたもので、日曜日は入館無料。
http://www.carlsberg.com/  

スウェーデンの伝統工芸品として有名なダーラヘスト

10年以上前にデパート、オレーンス主催の「ダーラヘスト絵付けコンテスト」に
参加しました。

当時学校で漆塗り実習をしていた私は、
実習で使っていた漆風塗料カシューエナメルを使用して絵付けに挑戦。
覚えたばかりの螺鈿※1を入れてみたり、東急ハンズで買った金箔などのシールを貼ったり。
あれこれとやっているうちに、収拾がつかなくなってしまいました…。
なんでも付ければ良いってもんじゃないですね。

結果は、残念ながら地区予選止まり。
デパートに見に行った姉の話では、隣で見ていた方が褒めてくれたとか。
ちょっと悔やまれるけれど、良い思い出です。

またいつか挑戦したいです!
そして、もう少し素敵に仕上げたいです、、、。


※1螺鈿:貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。(wikipediaより引用)




秋の味覚といえば、きのこ
数年前スウェーデンできのこ狩りをしたときの写真をご紹介。

森へ入れば、きのこはあちこちで見ることができます。
しかし、大半は食べてはいけないきのこです。

木の根元にこんもりきのこ。


さらに、ギッシリ所狭しときのこ。
しめじと似ていますが、これも食べられません。


絵にかいたような毒きのこ。


プチトマトかと思ったら、これも毒きのこ。つやつやです。


これはホコリタケ、胞子が噴き出します。
マリメッコのファブリックにもなってますね。
若いうちは食べられるんだとか。



これは食べられるきのこだったのですが、育ちすぎ。
裏がボロボロ。



肝心の食べられるきのこの写真を撮るのを忘れてました。
小さくてすいません…。



採ったきのこで、美味しいクリームパスタを作ってもらいました。


今回はフィンランドの王冠をいくつか更新。
そのひとつ「Sandels」の王冠は
かもめ食堂の撮影地としても有名な「カフェ・アアルト」で貰いました。

日本人観光客が多く来店するので、日本語メニューの用意もあります。
日によっては、日本語で話せるスタッフもいるんだとか。


ビールの名前「サンデルス」はフィンランドに実在した将軍で、シベリウスの曲にもなっています。
このラベルの人が、サンデルスさんなんでしょうね。王冠はシンプルに名前のみ。
飲みやすくとっても美味しかったです。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM