一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回に続いて、ベルギー旅行の思い出。

ベルギーと言えばワッフルですが、もうひとつ忘れてはいけないのがチョコレート。

ベルギーに行けば美味しいチョコレートが食べらるだろうと、
特に下調べをせずに気になるお店に入ることにしました。

と、言いつつも
まずは、お馴染みゴディバへ。
ベルギーがチョコレートで有名ということは、GODIVAをきっかけに知りました。
本店は噂に聞いていたとおり、日本の路面店より小さめな店構え。


ウィンドウに面した場所で、黙々と作業しているお姉さんは

いちごにチョコレートをつけています。

これを丸めた紙に入れて販売。歩きながら食べられるのが嬉しいですね。


日本にもあるようで、調べてみると1個250円くらい。
ベルギーでは6個程入って、たしか6.5ユーロくらいでした。
それでもよく食べるチョコレートから考えると少々高く感じますが、食べて損なしの味。
チョコは勿論ですが、いちごの美味しさにも驚きでした。
見た目も可愛らしく、日本でも見つけたら買ってしまいそうです・・・。
接地面のGODIVAロゴが、また素敵。

ただのチョコがけでは済まさないところがゴディバです。
http://www.godiva.co.jp/

、、、その2へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログへ




先日のブログで、ベルギーで見つけたヴィンテージファブリックをご紹介しました。

ベルギーと言えば日本でもお馴染みのワッフルですが、
大きく分けて2種類あり見た目も味も違います。

一つは、しっかりした生地で食べ応えのあるリエージュワッフル。
日本でもマネケンなどで知られる丸みのある形。
大粒の砂糖が入っており、生地自体が甘くてワッフル単品でも楽しめるタイプです。

温かいワッフルにチョコレートは、とっても美味しかったです。

こちらはワゴン車で販売していて、可愛らしい車も素敵でした。


これはは空港のカフェで食べたリエージュワッフル。
トッピング無しでも甘くて美味しく、コーヒーとの相性も抜群。



もうひとつは、表面がサックリで中は軽い仕上がりのブリュッセルワッフル。
生地にはそれほど甘さが無く、チョコレートやクリーム、フルーツなどを
トッピングして楽しむタイプです。

いちご+ホイップクリーム+チョコレート。
かなりの大きさなのですが、生地が軽いのでぺロっと食べられます。
フルーツやクリームとも合っていて、甘過ぎずとっても美味しかったです。

あんまり美味しかったので、同じ日にもう一つ食べてしまいました。

リエージュワッフル生地にたっぷりのトッピングで、
ブリュッセルワッフルとのミックスのような見た目です。

しっかりした生地にしっかりトッピング。
これはこれで美味しかったのですが、
たっぷりクリームにはブリュッセルワッフルの方が合うように思いました。

それぞれ特徴的で、美味しかった2種類のワッフル。
個人的には、ブリュッセルワッフルのサックリした表面と軽さが好みでした。
私はクリームが大好きなので、思う存分楽しめるところも嬉しかったです。

次回も、是非食べたいブリュッセルワッフル。
ひとまず国内で食べられるお店を探そうと思います。



にほんブログ村 旅行ブログへ

ベルギーで見つけた、フランス「STUDIO ROMANEX」のヴィンテージファブリック



1763年に設立されたフランスの王室御用達ブランド「BOUSSAC」の別ブランドで
可愛らしい柄なども得意としているんだとか。
おもちゃ屋さんの人形が動き出したような動物たちと、
カラフルでレトロな色合いがとっても素敵です。
ミミにプリントされた金色のロゴが、伝統を感じさせます。

コレクターの方によると、1950年代のもので状態も良いとのこと。
広げてみると確かにきれいで、程良い張りもあり未使用品のようにも見えます。

子供が喜びそうな動物柄ですが、大人のスカートを作ったり
カフェカーテンにしてもよさそうな印象もまた魅力のひとつ。
落ち着いたブルーベースと、調度良いサイズで配置されたモチーフのせいでしょうか。
甘くなり過ぎない可愛さを楽しめる1枚です。

にほんブログ村 雑貨ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ

こちらはドイツで見つけた東ドイツ時代(DDR)の転写シール。




このように、先の丸いもので貼りたい絵柄をまんべんなくこするだけ。
きちんと固定できる安定した場所で作業をしてくださいね。

貼りたい部分を切り取ってからこすっても良いし、そのままでもOK。
やりやすい方法を選んでください。


出来上がり。
多少失敗しても、それも味になります☆


オリジナル王冠もできちゃいます。


普通のシールのように余白部分が残らず、柄のみが貼り付けられます。
カードなどのデコレーションはもちろん、持ち物に貼ったり色々な使い道がありそうです。


DDRとは「Deutsche Demokratische Republik」の略称。
旧東ドイツのことです。
この時代の商品は国営企業(VEB)が製造していました。
有名なデザインとしては、トラバントやアンペルマンなど。
個性的で面白いものが多いのも特徴のひとつ。
灰色な印象を受ける時代ですが、デザインはポップでモダンなものが多く見られます。
中には不思議な可愛らしさを感じるものも。
ドイツ国内でも、映画「グッバイ、レーニン!」のヒットによって改めて注目されたのだとか。

実際に様々なデザインを見ていくと
カメラや車など機械好きにはたまらないデザインだけではなく
ナチュラルな雰囲気やモダンなもの、、エレガントからキッチュなものまで、
その幅の広さに驚かされます。

今年はベルリンの壁崩壊から25周年。
それに伴いベルリンだけでなく、日本でもイベントが企画されています。
DDRデザインにも、さらに注目が集まるかもしれません。




にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 雑貨ブログへ

いつもミュッケをご覧いただき、誠にありがとうございます。
オンラインショップより、お知らせです。

2014年3月31日 23時55分 〜 2014年4月1日 8時00分(予定)の間、
オンラインショップを一時休止いたします。


また、消費税率変更に伴い、4月1日より送料を下記の通り変更いたします。

【ゆうパック】
500円→510円
600円→610円
700円→710円
800円→830円
1100円→1130円

※代金引換手数料も変更いたします

【レターパックプラス】
500→510円

【レターパックライト】
350円→360円

【クロネコメール便】
80円→82円
160円→164円

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますよう
お願いいたします。

商品価格につきましては3月31日更新分までは、4月1日以降も
消費税5%のまま変更いたしません。